COUNCIL OF FASHION DESIGNERS, TOKYO  東京ファッションデザイナー協議会  TEL : 03-5413-3188

  • ニュース
  • TOKYOコレクション
  • ブログ
  • CFDについて
  • CFDメンバー

Top > NEWS一覧 > NEWS - ニュース

NEWS

2007.12.07

SOMA DESIGNとmatohuがJC PIGGY'S SPECIAL FASHION SHOW 2008を発表

繊維産業全体の発信力強化のため、「東京発 日本ファッションウィーク」(JFW in TOKYO)のテキスタイル事業として開催された「ジャパン・クリエーション 2008 Autumn/Winter」(JC)のスペシャルイベントとして「PIGGY'S SPECIAL」ピッグスキンファッションショーが発表されました。

開催初日にあたる2007年12月5日(水)、東京ビックサイト会場内のイベントスペースにて行われたショーでは廣川玉枝さん、福井武さんのユニットによる「SOMA DESIGN」と堀畑裕之さん、関口真希子さんのお二人がデザインする「matohu」の二組のコレクションが行われ、その素材として用いられた東京産のピッグスキンの対応性の広さとそれぞれのデザイナーの表現力の大きさに観客一同から大きな拍手が贈られました。

ピッグスキンは日本(約7割が東京・墨田地域)で自給自足できる唯一の原皮で、食肉の副産物であり、海外でも珍重され高級ブランドにも用いられています。軽く、丈夫で通気性がいいのが特徴で、衣料用にも適している素材です。

今回コレクションを発表した廣川玉枝さんは、「ピッグは思っていた以上に表情を表現できる素材だということがわかりました。横網のニットのようなものができればと思って取り組み、その結果普段できないようなデザインが出来たと思っています。」と語られました。

堀畑裕之さんと関口真希子さんは、「布のようにソフトで、皮膚のようにしなやかなピッグに大きな可能性を感じました。布ではできないような加工が無限にできるところも魅力です。」と感想を述べられました。